妊娠中の妊婦さんがかかる病気やトラブル「切迫流産」

切迫流産は妊娠中にかかる病気で、正産期前に出産しかけるトラブルで、原因はいろいろあります。母体を安静に保ち、適切な治療をうけることで安全な出産が可能です。生活面で母体に無理がないように健康に生活することが予防の秘訣です。
MENU

切迫流産はどんな病気?

妊娠中のトラブルの中でかなり経験する妊婦が多いのが「切迫流産(せっぱくそうざん)」です。

 

早産になってしまう妊娠22週以降から正産期前36週までの間の時期に
赤ちゃんが生まれてしまいそうになる病気です。

 

早産の時期に出産すると、生まれてくる赤ちゃんは未熟児になってしまい
抵抗力が弱いため病気にかかりやすくなったり
身体の器官が発達前にお腹の外に出てしまうため障害を負ったりするリスクが高まります。

 

「流産」という言葉の響きから診断をうけてショックを受ける妊婦さんは多いのですが
この病気になってしまっても、早期に医師から治療を受けることで
赤ちゃんが充分な大きさに成長するまで、妊娠を継続することが可能です。

 

この病気の症状はお腹の定期的なハリや下腹部の痛み、性器からの出血、破水などです。

 

いずれも症状がごく弱い場合もあるので
はっきりした自覚症状がなくてもいつもと違う感じがしたら
迷わず検診を受けている産科を受診することをおすすめします。

 

切迫流産の原因はいくつかあり、細菌が原因で膣内感染症になってしまうケース
子宮筋腫などの生殖器の病気が原因になってしまうケースなどがあります。

 

妊娠中毒症の患者や双子などの多胎妊娠の場合にかかりやすい病気ともいえます。


切迫流産の治療と予防方法

 

切迫流産の診断をうけたら、妊婦さんはまず安静にするよう病院から注意をうけます。
医師の判断で病院に入院することもあります。

 

自宅で静養する場合は、家族や協力者のサポートを手厚く受けて
安静状態を守れるように留意します。

 

子宮口が開かないように、子宮収縮抑制薬の点滴などの処置をうけることもあります。
薬を投与することで子宮が弛緩し、陣痛を抑えることができます。

 

また破水が起きてしまった場合は
可能であれば細菌感染を防ぐ薬を投与しながら妊娠を続ける方向で様子をみます。

 

医師の判断で赤ちゃんがある程度まで成長していたら、出産に踏み切る場合もあります。

 

病院から出された薬は安全性が確認されているものなので
自己判断で中止したりせず、指示通りにきちんと飲みます。

 

また入浴やシャワー禁止などの生活面での指示があったら、必ず守りましょう。
切迫早産は保険が適用されますので窓口負担は3割です。

 

妊婦さんが気を付けていてもトラブルが起きてしまうことはありますが

 

日頃から母体に無理がかからないように配慮して生活をし
体を冷やさないように気をつけること

 

妊娠中の食事の栄養バランスに注意を払って塩分を取りすぎないようにすることで、ある程度切迫早産を予防することができます。


妊婦さんにおすすめトピック

妊娠線クリーム
お腹が出てくると気になるのが妊娠線。
しっかり予防することが大切です。予防するためには妊娠線クリームを使うのがBESTですが、実は妊娠線クリームを使っていても妊娠線が出来てしまったというケースも(´・ω・`)
「予防出来る成分」が入っていることが大事なので上記のサイトで紹介されているクリームを使ってみてはいかがでしょうか??

このページの先頭へ